カードローンで郵送物がくることはある?

On 2014年1月31日 · コメントは受け付けていません。

最近はキャッシングなどもあり、クレジットカードからお金を借りることに抵抗がない人たちがカードローンに移っている傾向があります。
これは、より枠が大きく利便性も高く場合によっては利息が安いカードローンを利用することで、計画的に返済や借り入れができるということでもあります。

こういったカードローンを使うと、郵送物がくることはもうしかたがないことです。
その理由は、やはりカードローンできちんと借りたという証明を送る事が必要になってくるのです。
手元に送られてくることもそうですが、中には紙で残ることに安心感があることもありますね。
とは言え、こういったカードローンの郵送物は、実は送ってこないようにも出来るのです。
カードローンの会社に電話で依頼すると送ってこなくなるようになった、ということはとても多いものです。
カード会社の中には最初から郵送物を全く送らないという処理はできないのですが、不要だと意思表示をしてくれれば何も送らないというような所もとても多く存在します。

なので、もし何もいらないというのであれば手続きをきちんと行えば、カードローンの会社も郵送物を送ってくることはありません。
また、最近は家ではなくて職場に送って欲しいというようなことも出来る会社もあります。

Under 未分類

今まで取引のない消費者金融から支払いの請求が来た時は

On 2013年12月4日 · コメントは受け付けていません。

突如として今まで取引のない消費者金融から支払いの請求が来た時はどうすればいいでしょうか?いきなり知らないところから支払い請求が来るのはすごく怖いことですよね。

債務者として気になることは支払い請求を支払わないといけないのかどうかということになります。
この場合はもともと借金があった譲受人の消費者金融業者から譲受人に債権譲渡をしたという旨の通知を債務者に対してしないといけないということになります。
その旨の内容証明郵便が来ているのかどうかを確認する必要があります。
譲渡人からの通知が来ているということであれば、譲受人に対して借金の返済を行う必要があります。
借金の内容については基本的に受け継がれることになりますので、同じように支払っていけばいいということになります。
譲渡人からの通知がないということであれば、場合によっては架空請求ということもあり得ますので、支払いを請求している会社に確認しないといけないということになります。
何でその会社が債務者に対して返済の請求をしているのかということやその会社が貸金業に登録しているのかということについても確認する必要があります。
そのうえで対処するということになってきます。

Under 未分類

金融業というカテゴリー

On 2013年2月26日 · コメントは受け付けていません。

金融業という業種を考える際に
どういった会社がそのカテゴリーに入るのでしょうか。

一般的には、銀行や信用金庫、
証券会社や保険会社がその代表格とされますが、その裾野は広く、
そのため、闇金融などと言われる業者もいるということになります。
金融業は一般的には経済の血液という言われ方をしますが、
その理由としては、やはりお金を流していくということが仕事となるため、
いわゆるサヤ取りであったり、
大きな金額を動かすことによる手数料収入を得るということを考えると、
動かすことによる対価をもらうというような意味合いが強いです。

そのため、
どういった会社も資金融通をする際には金融業として機能します。
そういったことを考えると、一般企業の中にも、
金融部門を持つ会社が増えており、大手の電機メーカーでは、
本業は非常に厳しい状態になっているものの、金融部門が堅調であるため、
何とか踏みとどまっているというところもあります。
そういった点を考えると、特に在庫を持つことなく、
自己資産の価値を極大化して貸し付けるという
モデルは非常に魅力の大きい仕事であり、
しっかりとしたビジネスモデルを築ければ、
非常に大きな収益を得る業種として考えることができます。

Under 未分類

コンビニエンスストアでも使えるオリックスクレジット

On 2013年2月23日 · コメントは受け付けていません。

オリックスクレジットの評判を高めているのは、ilm16_aa04008-s
金利の低さだけではありません。
利便性の高さというのも、大きな魅力です。
ここでいう利便性の高さというのは、
お金を借りられる場所がどれだけあるか、ということです。
お金を借りるのに、そのローン会社の契約機しかつかえない
というのであれば、利便性は高くありません。
借りるときには、遠い場所まで行って借りてもまだいいでしょう。
しかし、返済するときに、あまり遠い場所になりますと、
なかなか返済するのも億劫になってしまいます。
その点、オリックスクレジットはとても素晴らしいです。

何といっても、ゆうちょ銀行で使える
というのが大きいです。
ゆうちょ銀行というのは、全国どこにでもありますし、
駅前にあったりなど、立地条件も申し分ありません。
さらに、全国の主要なコンビニエンスストアにあるATMでも
利用することができるのです。
最近では、様々なコンビニエンスストアで銀行ATMが設置されています。
買い物ついでに返済というのもいいですね。
百貨店やスーパーでも返済ができます。
そして、近くにある街の銀行でも借り入れ、
返済をすることができるのです。

都市銀行から地方銀行、そして信用金庫にいたるまで、
様々な金融機関で返済、借入をすることができます。

Under 未分類

キャッシングもできる楽天カードの利用で貯まるポイント

On 2013年2月21日 · コメントは受け付けていません。

楽天カードは年間費無料で利用できます。
利用すると、100円で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは、
ショッピングや、他のサービスのポイントに交換することができます。
ショッピングでは、食料品から日用品、本やDVDと何でも揃っています。
旅行の時や、デリバリーにも利用できます。
キャッシングサービスも利用でき、
銀行やコンビニATMからお金を引き出すことができます。
ネットキャッシングも利用できますから、
パソコンや携帯電話から24時間、
申し込むことができます。

返済は、1回払いとリボ払いが選べますから、毎月、ilm16_aa04001-s
無理のない返済をすることができます。
楽天カードでショッピングをした時にも回数を指定できます。
1回払いの他にも、2回払いや分割払いができます。
分割払いも支払い回数を指定することもできます。
他にもボーナス一括払いや、ボーナス2回払いができ、
支払い方法を選べることが便利です。
楽天カードで支払いをするとポイントがお得に貯まる感謝デーが毎週、
開催されています。

通常よりポイントが3倍になる日があります。
もっとお得にポイントを貯めたい方には、月に2回、
ポイントが最大10倍になる日もありますから、まとめ買いがお得です。

Under 未分類

多重債務者でも借りられる?

On 2013年2月18日 · コメントは受け付けていません。

キャッシングを利用するための審査では、
現在の借入状況は重要な基準となります。
もちろん、借金のない人のほうが、
借金がある人よりも融資を受けやすいのは当然のことですが、
現在借入がある人が新たにキャッシングを利用するときに、
断られるかどうかのボーダーラインはどのあたりにあるのでしょうか。

まず借入額についてですが、
これは総量規制によって借りることのできる金額の上限が決まっています。
2010年に貸金業法の改正が行われ、
グレーゾーン金利の撤廃とともに総量規制が導入されました。
総量規制では年収の3分の1を超える借り入れが規制されるため、
すでにこの金額に達している人は
新たに借入をすることができなくなりました。
ですから、どんなに年収のある人でも、
毎月滞納することなく返済をしている人でも、
総量規制に引っかかるならば新たな借り入れはできません。

また多重債務についてですが、
審査の甘いと言われる業者でも多重債務者の場合は
審査に通りにくくなります。
何社までならOKかという明確な基準はありませんが、業界内では
「3社までならOKで、それ以上はアウト」
という暗黙のルールが存在していると言われています。
これは金額には関係ありません。
ですから、4社から10万円ずつ借りている人の方が、
1社から50万円を借りている人よりも審査に通り難い
ということになります。
ですから、多重債務をしている人は、
なるべく1社にまとめるように
したほうが良いでしょう。

Under 未分類

銀行からお金を借りる際の審査

On 2013年2月14日 · コメントは受け付けていません。

銀行からお金を借りることができるということは、
その審査をパスしたことを意味し、
銀行がお金を借りる者を信用した証となります。
その審査の内容は、銀行側が一方的に決めることができます。

だからといって、
審査にめちゃくちゃに高いハードルを設定することは好ましくありません。
これから有益な事業を起こそうとしている者の活動を
阻止することになるからです。

特に、ベンチャー企業の場合は、
事業のアイディアは素晴らしいものを持っていますが、
お金が無いということが往々にしてあります。
そのようなベンチャーの精神を詰んでしまうことは好ましくありません。

また、ベンチャー企業のアイディアは、
大企業によって模倣される危険性があります。
大企業によって模倣された場合には、
大企業の組織力・資金力によってそのアイディアの市場を
全て持っていかれることともなりかねません。
そのような模倣を防ぐためには特許を取得することが必要となります。

銀行は、その特許を取得するための費用を含めて
ベンチャー企業にお金を貸すべきです。
また、ベンチャー企業の商号が第三者によって
商標登録されることがあります。
すると、ベンチャー企業は自己の企業名を事業に使用できなくなります。
銀行は、その商号の商標登録をするための費用を含めて
ベンチャー企業にお金を貸すべきです。

phm07_0401-s

Under 未分類

お金を借りる目的

On 2013年2月12日 · コメントは受け付けていません。

日本政府は数年に一度、国民の消費行動調査の一環としてilm14_ab01030-s
キャッシングサービスの利用者からアンケートを取り、
利用目的について調査しています。
消費者金融や銀行系カードローン会社からお金を借りる状況が
どういう時なのかを思いにとめておくと、
自分がどういう状況でキャッシングサービスを受けるかが想定できるでしょう。
一番多いお金を借りる目的は生活費の不足分を補填するという理由です。
特に給料日の数日前に手持ちの現金がなくなってしまい、
給料日までに一時的なつなぎとしてお金を借りた
というケースが多いでしょう。

数日後に給料日が控えていますから、
給料を受け取ったら急いで繰り上げ返済して、
ほとんど金利を払うことなく一時的な財布代わりとして賢く消費者金融や銀行系カードローン
会社を活用している人が多いです。
2番目に多い理由は急に舞い込んだ交際費の支払いに、
お金を借りて間に合わせるという理由です。
職場の同僚が急遽退社する事になり週末の送別会に出席する事になったり、
もう何年も顔を見ていない旧友から
結婚披露宴の案内状が届いて出席することになったり、
親戚の不幸が急にあって香典を用意しなければならなくなったり、
おそらくだれもが経験した事のある状況でしょう。

キャッシングサービスは急な出費を間に合わせる
という点でとても重宝する存在です。

Under 未分類

アイフルのおまとめローンの審査は?

On 2013年2月9日 · コメントは受け付けていません。

アイフルのおまとめローンは、
貸金業法の規定に基づいて計画返済を支援するためのローンで、
総量規制の例外が認められています。
そのため、年収の3分の1を超える借入であっても、
おまとめローンへの申込が可能となります。
アイフルには、初めてアイフルを利用する方限定の
「かりかえMAX」貸付利率12.0%と、
既にアイフルを利用したことがある方のための
「おまとめMAX」貸付利率12.0%~15.0%があります。
おまとめできる債務は、
貸金業者からの借入・銀行からの借入・クレジットカードの
ショッピングリボ債務です。

申込できるのは、満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、
アイフルの基準を満たした方です。
必要書類として、
本人確認書類・源泉徴収票等収入を証明する書類および
他社の借入条件等が確認できる書類の提出が求められます。
申込後、返済能力の調査等を含めて審査が行われます。
また、申込後にアイフルから商品内容などや返済条件などの説明があり、
返済専用ローンであることを理解し承諾した場合のみ契約できます。
審査基準や契約前の説明と承諾が求められるなど、
気軽に申込める通常のキャッシングローンよりも、
厳格な手続きとなっています。

Under 未分類

住宅の借金の返済の仕方

On 2013年2月6日 · コメントは受け付けていません。

住宅ローンという借金があります。
借金の返済の仕方ですが、賢く返済したいものです。
住宅ローン減税をフルに使い、
満額控除されるような仕組みをお勧めします。
例えば、ローン減税10年コースを適用するとします。
10年先まで満額減税分をもらうためには
いくら借金すればよいのか簡単に計算できるはずです。

所得税の納税金額が少ない場合は別ですが、
借金金額を決めただけで計算上、最大限の節税が約束されたはずです。
次に計画的な借金なので、ローン減税期間中は、
絶対に繰上返済をしてはいけません。

その期間中に繰上返済をすると借金残高が目減りし、
節税効果が薄れるからです。
そしてローン減税の期間が終了したら一転全力で繰上返済をします。
これは、金利分の支払いを最小限に抑えようとする行為です。
ローン減税終了までの10年間は繰上返済をしていないのだから、
せっせと現金を集めます。
貯金するかその現金を投資してどこまで増やすかは個々の価値観でしょう。
借金の返済の仕方のポイントは「節税」「金利負担最小化」
この2点に尽きます。
住宅を購入した時期によりますが、
節税のチャンスは住宅購入時のローン減税期間しかあり得ません。
積極的にこの減税制度を利用すべきです。

Under 未分類
最近のコメント
    カテゴリー